07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ギャング映画.com

ギャング映画レビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

ブラック・レイン 


ブラック・レイン
製作/1989年

オススメ度
★★★★★★★★☆☆

監督/リドリー・スコット
出演/マイケル・ダグラス / アンディ・ガルシア / 高倉健 / ケイト・キャプショー / 松田優作

【ストーリー】
レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニックとチャーリー両刑事は、その犯人佐藤を日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまう。府警の松本の監視下、警官としての権限の無いまま捜査を見守る彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって二人の前に現れるのだった…。

スポンサーサイト

Posted on 2012/03/29 Thu. 00:56 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

ディパーテッド 


ディパーテッド
製作/2006年

オススメ度
★★★★★★★☆☆☆

監督/マーティン・スコセッシ
出演/レオナルド・ディカプリオ / マット・デイモン / ジャック・ニコルソン / マーク・ウォールバーグ / マーティン・シーン

【ストーリー】
貧困と犯罪が渦巻く都市ボストン。犯罪者の一族に生まれ、自らの生い立ちと訣別するために警察官を志したビリー・コスティガン。ボストン南部一帯を牛耳るマフィアのボス、コステロに育てられ、“内通者”として警察に送り込まれたコリン・サリバン。同じ警察学校に学び優秀な成績を収めた二人は、お互いの存在を知らないまま、それぞれの道を歩き出す…。

Posted on 2012/03/27 Tue. 23:26 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

ギャング・オブ・ニューヨーク 


ギャング・オブ・ニューヨーク
製作/2002年

オススメ度
★★★★★★★☆☆☆

監督/マーティン・スコセッシ
出演/レオナルド・ディカプリオ / キャメロン・ディアス / ダニエル・デイ・ルイス / リーアム・ニーソン / ヘンリー・トーマス

【ストーリー】
1846年、ニューヨークのファイブ・ポインツでは、アメリカ生まれの住人たちの組織“ネイティブズ”とアイルランド移民たちの組織“デッド・ラビッツ”が対立している。幼少のアムステルダムは、神父でデッド・ラビッツのボスである父親を敵のボス、ビリーに殺された。アムステルダムは投獄され、復讐を誓いながら15年の歳月が過ぎる。アムステルダムが帰ってきたファイブ・ポインツは、ネイティブズに仕切られ腐敗していた。デッド・ラビッツは既に壊滅している。それでもアムステルダムは復讐のため素性を隠しビリーの組織に潜り込んだ。やがてジェニーという女に出会い、次第に惹かれていくのだが…。

Posted on 2012/03/26 Mon. 23:02 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

ギャング映画.com 全タイトル 

【ア行】


【カ行】


【サ行】


【タ行】


【ナ行】


【ハ行】


【マ行】


【ヤ行】


【ラ行】


【ワ行】

Posted on 2012/03/22 Thu. 22:57 [edit]

ページ  /  TB: --  /  CM: --

アンタッチャブル 


アンタッチャブル
製作/1987年

オススメ度
★★★★★★★★☆☆

監督/ブライアン・デ・パルマ
出演/ケヴィン・コスナー / ショーン・コネリー / チャールズ・マーティン・スミス / アンディ・ガルシア / ロバート・デ・ニーロ

【ストーリー】
1930年、9月。エリオット・ネスが、財務省から、ここシカゴに特別調査官として派遣されてきた。禁酒法下のシカゴでは密造酒ともぐり酒場は実に10億ドル市場といわれ、ギャングたちの縄張り争いは次第にエスカレートし、マシンガンや手榴弾が市民の生活を脅やかしていた。中でもアル・カポネのやり方はすさまじく、シカゴのボスとして君臨していた。カポネ逮捕の使命感に燃えるネスは、しかし警察の上層部にも通じているカポネがそう簡単には手に落ちないことを実感する…

Posted on 2012/03/22 Thu. 22:26 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

俺たちに明日はない 


俺たちに明日はない
製作/1967年

オススメ度
★★★★★★★★☆☆

監督/アーサー・ペン
出演/ウォーレン・ベイティ / フェイ・ダナウェイ / マイケル・J・ポラード / ジーン・ハックマン / エステル・パーソンズ

【ストーリー】
30年代、経済恐慌にあえぐアメリカではギャングが横行していた。なかでもひときわ悪名高い男女の2人組みが、ボニー&クライドだ。無軌道に犯罪を重ねる彼らは、娯楽のない国民のヒーロー的存在になるが…。


Posted on 2012/03/21 Wed. 23:25 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

パブリック・エネミーズ 


パブリック・エネミーズ
製作/2009年

オススメ度
★★★★★★★☆☆☆

監督/マイケル・マン
出演/ジョニー・デップ / ジェームズ・ルッソ / デイヴィッド・ウェンハム / クリスチャン・ストルティ / ジェイソン・クラーク

【ストーリー】
1930年代のアメリカ大恐慌時代。鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャーは、その“黄金時代”を謳歌していた。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪手口、強者から金を奪っても弱者からは一銭も奪わないという独特の美学を貫くカリスマ性。それまでの“強盗”のイメージを覆すデリンジャーに、不況に苦しむ多くの国民は魅了され、まるでロックスターのようにもてはやしていた。そんなある日、デリンジャーは、他の女たちとはどこか違う雰囲気をまとった神秘的な美女、ビリー・フレシェットに目を奪われる。彼にとってビリーとの出会いは、これからの人生を決定付ける運命の瞬間であり、彼女もまたデリンジャーの強引で一途な愛に、危険な選択だと分かりながらも次第に惹かれていくのだった。だがその頃、FBIはデリンジャーをアメリカ初の“社会の敵ナンバーワン(PUBLIC ENEMY NO.1)”として指名手配。捜査の目をかい潜り、デリンジャーはビリーと再会するが、FBI捜査官メルヴィン・パーヴィスの包囲網が徐々に彼らを追いつめていく。永遠の愛を信じながら、二人の自由への逃亡劇が始まった……。


Posted on 2012/03/07 Wed. 23:45 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

パルプフィクション 


パルプフィクション
製作/1994年

オススメ度
★★★★★★★★★☆

監督/クエンティン・タランティーノ
出演/ジョン・トラヴォルタ / サミュエル・L・ジャクソン / ユマ・サーマン / ハーヴェイ・カイテル / ティム・ロス

【ストーリー】
強盗の計画を立てているカップルを導入部に、盗まれたトランクを取り戻そうとする二人組のギャング、ビンセントとジュールス。ボスの情婦と一晩のデートをするハメになるビンセント。ボクシングの八百長試合で金を受け取るボクサーのブッチ。誤って人を殺し血塗れになった車の処理に右往左往するビンセントとジュールス。ギャングのボス、マーセルスを軸としたこれらの物語がラストに向けて収束していく…。

Posted on 2012/03/07 Wed. 00:03 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

カジノ 


カジノ
製作/1995年

オススメ度
★★★★★★★★★☆

監督/マーティン・スコセッシ
出演/ロバート・デ・ニーロ / シャロン・ストーン / ジョー・ペシ / ジェームズ・ウッズ / ドン・リックルス

【ストーリー】
賭博の才を買われてヴェガスのカジノの経営をまかされる事になるサム・ロススティーン。カジノは売り上げを伸ばし、バックについている組織への上納金も増えていく。美しい女ハスラー、ジンジャーを見初めたサムは彼女と結婚し、生活は順風満帆のように見えた。しかしサムの長年の盟友ニッキーがヴェガスに乗り込んで来た事から事態は急変する。暴力的で破壊衝動の強いニッキーは次々とトラブルを引き起こし、それはカジノの経営にも少なからず影響を及ぼしはじめていた……。


Posted on 2012/03/05 Mon. 23:36 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

ロード・トゥ・パーディション 


ロード・トゥ・パーディション
製作/2002年

オススメ度
★★★★★☆☆☆☆☆

監督/サム・メンデス
出演/トム・ハンクス / タイラー・ホークリン / ポール・ニューマン / ジュード・ロウ / ダニエル・クレイグ

【ストーリー】
1931年、雪の降るイリノイ州ロックアイランドの町。良き夫であり2人の息子の良き父親であるマイケル・サリヴァンには、町を牛耳るアイルランド系マフィアの幹部という裏の顔があった。サリヴァンはボスのジョン・ルーニーから息子のように愛されていた。サリヴァンの2人の息子にも実の孫のように接するジョン。そんな父ジョンを実子コナーは、苦々しく思っていた。ある日、組織の幹部会でコナーはヘマをしでかしたとジョンに責められる。次第に追い詰められたコナーは、父への恐れとともに、サリヴァンに対する嫉妬と憎悪を膨らませていく…。



Posted on 2012/02/28 Tue. 21:36 [edit]

レビュー  /  TB: --  /  CM: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。